養殖魚の安全性/天然魚は危険て本当なの?安全な魚の食べ方について

スポンサーリンク
養殖魚 雑記

魚屋さんには季節外れの養殖魚がたくさん並んでいます。脂がのってとても美味しそうに見えますが、安全性はどうなのでしょうか。

天然魚が売り場に並んでいれば迷わず購入していますが、天然魚は安全なのでしょうか。

この記事では、養殖魚の安全性は?天然魚は危険て本当なの?安全な魚の食べ方についてご紹介します。

スポンサーリンク

養殖魚の安全性は?

養殖魚の安全性はどうなのでしょうか?

 

養殖魚とは、囲いの中でエサを食べさせて、水質や水温などを管理して人の手によって育てられた魚のことです。

養殖魚には旬がありません。

イケスの中で大量に飼育されるため運動量が少ないため、筋肉に締まりがなく、養殖魚の食感はブヨブヨしています。

エサは、魚の粉や穀類から取られた固形のエサや、旬に近い脂を出すために、脂質の多いエサを大量に食べさせます

なので、養殖魚は天然魚より脂がのっていることが多いです。

狭い囲いの中で、大量に飼育することで病気が発生しやすいため、抗生物質などの薬物が投与されます。

スポンサーリンク

天然魚は危険て本当なの?

天然魚は危険て本当なんですか?

天然魚は、脂肪の多いエサを食べる心配や病気の予防に使われる抗生物質などの薬の心配はありません。

 

では天然魚は危険とはどういうことなのでしょうか。

  1. 最近の海は、工場から排出される化学物質の汚染や原発事故による放射能汚染などで、危険な海域がたくさんあります。
  2. また、海に捨てられたゴミに含まれる小さなプラスティック(マイクロプラステック)を魚が飲み込み魚の体内に蓄積することが問題になっています。

 

 

海域にもよりますが、汚染された天然魚がたくさんいるようです。

とても残念なことですね。

 

スポンサーリンク

安全な魚の食べ方

魚はオメガ3脂肪酸などの栄養素を多く含んでおり、本来なら健康のために積極的に摂りたい食材です。

魚の汚染については専門家の意見がわかれるようです。

 

消費者は安全に魚を食べるにはどのようにすればよいのでしょうか。

医学博士の大西先生は次のように提案されています。

医学博士

魚を食べるのは体にいいのか悪いのか、結論はやはり体にいいと思います。        ただし、汚染されていない地域で獲れた小さくて若い魚を、いろいろと選んで食べてみてください。

妊婦さんは、とくに魚の選択には慎重にするべきです

 

*こちらの記事もおすすめです。

「鮮度の良い魚」4つの見分け方!購入するコツや良い魚屋さんについても!

 

魚の安全な食べ方について注意すること

化学物質は、魚の脂肪や肝臓などの内臓に蓄積するので、それらは食べないようにする必要があります。 カニやロブスターなどの甲殻類は、柔らかい緑の部分は避けるべきです。
スポンサーリンク

まとめ

養殖魚の安全性や天然魚の危険性についてご紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

体にいいと信じてきた天然魚が汚染されていると知りショックを受けましたが、安全な魚の食べ方を参考にして上手に魚の栄養を摂りたいですね。

 

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

タイトルとURLをコピーしました