卵の殻の色で美味しさが違う?鶏の種類や価格について伝授!

スポンサーリンク
たまごのカラ 雑記

卵には、白たまごと赤たまごの2種類あります。

日ごろ、スーパーでたまごを購入する時は、何となく赤たまごを選んでいますが、実際には、卵の殻にはどんな違いがあるのでしょうか。

この記事では、卵の殻の色とおいしさの違いや、価格や鶏の種類についてご紹介します。

スポンサーリンク

卵の殻の色

卵の殻の色には、一般的な白たまごと茶色みのある赤たまごがあります。

中間色のサクラ色のたまごもありますね。

卵の殻の色には、どんな違いがあるのでしょうか。

卵の殻の色で美味しさが違う?

卵4の殻の色で、美味しさが違うのでしょうか。

結論から言うと、品種が違うだけで美味しさは同じです。

ブランドの卵も美味しさは同じ

烏骨鶏など、価格が高めのブランドの玉子も、美味しさは同じです。

普通のたまごでも、黄身を多めに使えば、コクのある味になります。

スポンサーリンク

卵の殻の色は鶏の種類で決まる

卵の殻の色は、鶏の種類で決まります。

【白たまごを産む鶏】→ジュリア、ジュリアライト

・シェア率が高い

・少ない量の餌で、おいしい卵をたくさん産む。

【赤たまごを産む鶏】→ボリスブラウン

・アメリカで育種された、日本では有名な鶏種。

【さくら色の卵を産む鶏】→ソニア

・優しいさくら色の卵を産む鶏。

黄身の色の違い

黄身の色は、母鶏が食べたエサの色で異なります。

オレンジ色の濃い黄身は、エサにトウモロコシや緑葉などが加えてあるからです。

美味しさは変わりません。

こちらも見た目で決める、思い込みのようですね。

スポンサーリンク

白たまごと赤たまごの価格の違い

白たまごと赤たまごでは、美味しさも栄養価も変わりがないのに、スーパーなどでは、赤たまごの方が、若干高いのは何故なのでしょうか?

赤たまごの方が高い理由

・赤たまごの方が高い理由

白たまごより、赤たまごの価格が若干高めなのは、赤たまごを産む鶏(ポリスブラウン)の方が、餌を食べる量が多いからなのです。

赤たまごの方が、何となく良さそう・・・。

と思うのは、赤たまごの方が若干高いことからくる、人の思い込みのようです。

昔は、白たまごが主流で、赤たまごは少なかったので、「赤たまごは高級品」と、勝手に思い込んでしまったのですね。

飼料(エサ)は2種類ある

・飼料(エサ)は2種類あります

飼料(エサ)には配合飼料と自家配合飼料があります。

鶏に与えるエサで、卵の味は変わります。

鶏が、質の高い飼料(エサ)を食べることで、たまごの味に違いがでます。

【配合飼料】

2種類以上の原料を目的に応じて調整した飼料で、日本では多くの養鶏場で使用しています。

・原料→トウモロコシ、マイロ、麦、ふすま、粕類などを配合・加工して栄養素が調整されている

【自家配合飼料】

自家(自分で)配合した飼料で、生産者の好みで与えている。

スポンサーリンク

配合飼料で育った鶏の玉子が良い?

・配合飼料で育った鶏の玉子が良いのでしょうか。

配合飼料を食べて育った鶏のたまごは、飼料にブレがないので、鶏が健康に育って、いつも変わらない美味しい卵を産みます。

人間の健康のためにも、健康な鶏が産んだ卵を食べたいですね。

スポンサーリンク

卵のカラの色で美味しさが変わるまとめ

今まで、赤たまごの方が白たまごより美味しくて、栄養価も高いと、勝手に思い込んでいました。

黄身の色が濃い方が美味しい、というのも見た目の思い込みだったようですね。

玉子は、いろんな料理に使えるし栄養価も高いので、冷蔵庫の中に常にストックしておきたい食材の一つです。

健康な鶏が産んだ良質な玉子を食べたいですね。

*こちらの記事もおすすめです

→麵を美味しく仕上げるコツは?洗い方を変えるだけでおいしくなる!

コメント

タイトルとURLをコピーしました