小暑とは?2022年はいつ?二十四節気と七十二候・暑中見舞い

スポンサーリンク
小暑 年中行事

小暑とは?

二十四節気の一つである小暑とは、梅雨が明けて本格的に夏になるころ。

この記事では、小暑の意味や2022年はいつなのか、二十四節気と小暑の七十二候(初候・次候・末候)、暑中見舞いについてご紹介します。

スポンサーリンク

小暑(しょうしょ)とは?

小暑とは、梅雨が明けて本格的に夏になるころのこと。

南から熱い風が吹きはじめ、いよいよ夏の幕開けです。

暑中見舞いの便りが届くころですね。

スポンサーリンク

2022年の小暑はいつ?

2022年の小暑は7月7日                               期間 2022年7月7日~22日ごろ 

二十四節気の一つである小暑は、毎年決まった日になるわけではありませんが、1日前後するだけでほぼ固定しています。

年によって日付が変わる理由は、二十四節気の一つである小暑は、太陽の動きを基準にした太陽暦(太陽の季節点)で決めているからです。

*太陽暦とは?

スポンサーリンク

暑中見舞い

暑中見舞いを送る時期は小暑から立秋まで(7月7日~8月6日ごろ)で、立秋以降(8月7日ごろ~)は残暑見舞いになります。

ただ、小暑が過ぎてもまだ雨の日が続いている時は梅雨明けを待って、日付は書かず「〇〇年 盛夏」と書き添えます。

暑中見舞いに使えるあいさつ文

  • 暑さ厳しき折柄
  • 夏空がまぶしく感じられる頃となりました。
  • 七夕飾りが軒先に揺れております。
  • 暑さ厳しきおりではございますが、お元気で
  • 夏祭りのにぎわう頃

残暑見舞いに使えるあいさつ文

  • 立秋とは名ばかりの暑い日が続いております。
  • 暦の上ではもう秋というのに
  • 炎暑が続き本当の秋が待ち遠しい毎日ですが
  • 暑さはおさまる気配もございません
  • 夜空に秋の気配を感じる頃
スポンサーリンク

二十四節気と七十二候

二十四節気とは一年を24に分け、七十二候はさらに細かく一年を72に分けて旬の草花や生き物など季節の移ろいを表現しています。

*二十四節気と七十二候

 

ここからは、小暑の七十二候(初候・次候・末候)を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

小暑【初候】第三十候

【新暦】7月7日~11日ごろ

・温風至(おんぷういたる)

(意味)暖かい風が吹いてくる

旬の句

別るるや 夢一筋の 天の川(夏目漱石)

【候のことば】

七夕 天の川で区切られて会うことができなくなった織姫と彦星が1年に1度だけ再会できる七夕の物語で知られる日。

中国の風習が色濃く残る七夕                             もともと短冊の色は陰陽五行思想に由来し「青・赤・黄・白・黒」の五色でした。笹飾りの竹は「まっすぐ育つ」ことから邪気を払う植物。旧暦の七夕の方が、天の川も見えやすく、現在も八月に七夕を行う地域があります。

【旬の魚介】

こち 夏を代表する高級魚で上品な甘味のある白身魚です。高たんぱく、低脂肪なので夏バテに効果的です。必ず夫婦一緒にいる魚で、オスかメスが一匹釣れると、もう一匹も釣れるといわれています。

【旬の行事】

ほおずき市 7月9日~10日は浅草寺で、ほうずき市が開かれます。7月10日は功徳日(くどくび)といって、この日に観音様にお参りをすると46000日分のご利益があるといわれています。

主な記念日

  • 7月7日 七夕
  • 7月8日 質屋の日
  • 7月9日 ジェットコースター記念日
  • 7月10日 納豆の日
  • 7月11日 世界人口デー
スポンサーリンク

小暑【次候】第三十二候

新暦】7月12日~16日ごろ

・蓮始めて開く(はすはじめてひらく)

(意味)蓮の花が咲きはじめるころ

旬の句

夜の蓮に 婚礼の部屋を 開けはなつ(誓子)

旬の花木】

蓮の花 水底の地下茎から茎をのばし、水面に葉を浮かべ花を咲かせます。蓮の皮はとても厚く、土の中で長い歳月、発芽する力を保ちます。1951年には千葉の落合遺跡で2千年前の蓮の実が発見され発芽をして花を咲かせました。

【旬の行事】

お盆 ご先祖様の霊を祀る期間で8月13日~16日までの4日間をお盆とすることが多く、地方によっては旧暦のまま7月13日~16日までとする地域もあります。

一般的な出迎え方は13日の夕方に迎え火を焚いてご先祖様を迎え、期間中にお墓参りや読経、お供え物をして供養します。16日の夕方には送り火を焚いて、ご先祖様にあの世に帰っていただきます。

 

主な記念日

  • 7月12日 人間ドックの日
  • 7月13日 盆迎え火
  • 7月14日 ひまわり(衛星)の日
  • 7月15日 中元
  • 7月16日 駅弁記念日
スポンサーリンク

小暑【末候】第三十三候

新暦】7月17日~21日

・鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)

(意味)鷹のひなが、飛ぶことを覚える

旬の句

鷹一つ 見つけてうれし 伊良古崎(芭蕉)

【旬の鳥】

鷹 鷹の幼子が飛び立ち獲物を捕ることを覚えるころです。4月~5月に卵を産み、30日~40日程度で孵化して、その後30日前後で巣立ちを迎えます。

古来より鷹は、武人の象徴とされ鷹の羽を家紋に使う家も多く、阿蘇神社の神紋としても使用されています。

候のことば】

土用入り 7月20日ころ土用入りします(夏の土用は立秋前の18日間)。この時期の丑の日が土用の丑の日。夏バテしないように、うなぎや、土用しじみなど精のつくものを食べます。また、梅干し、うどんなど「う」のつく食べ物もよいとされます。

年によっては丑の日が2回あり、一の丑、二の丑と呼ばれます。

【旬の魚介】

うなぎ 万葉集に登場するほど日本人に親しまれている魚です。ビタミンAやDが豊富で栄養が詰まっているウナギですが、近年では日本ウナギは絶滅危惧種になっています。

主な記念日

  • 7月17日 東京の日
  • 7月18日 光化学スモッグの日
  • 7月19日 女性大臣の日
  • 7月20日 月面着陸の日
  • 7月21日 自然公園の日

関連記事

立春雨水啓蟄春分清明穀雨立夏小満芒種夏至・小暑・大暑・立秋・ 処暑白露秋分寒露霜降立冬小雪大雪冬至小寒大寒

スポンサーリンク

小暑とは? まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

小暑の意味と2022年の期間、二十四節気と小暑の七十二候についてご紹介しました。

梅雨が明け、いきなり太陽が照り付ける真夏が始まりますので、お体を大切にお過ご下さいね。

コメント

  1. […] 小暑とは? […]

  2. […] *暑中見舞いのあいさつ […]

タイトルとURLをコピーしました