処暑とは?2022年はいつ?二十四節気と七十二候・時候のあいさつ

スポンサーリンク
年中行事

処暑(しょしょ)とは?

二十四節気の一つである「処暑」は、暑さが終わるころ。

この記事では、処暑の意味と2022年はいつなのか、二十四節気と処暑の七十二候、時候のあいさつについてご紹介します。

スポンサーリンク

処暑とは?

処暑とは、暑さが終わるころのこと。

朝夕には涼しい風が吹きわたり、夜には虫の声に秋の気配がします。

 

 

2022年の処暑はいつ?

  • 2022年の処暑は 8月23日
  • 期間 2022年8月23日~9月7日ころ

処暑の日付けは毎年同じわけではありませんが、1日前後するだけでほぼ固定しています。

日付が変わる理由は、二十四節気の一つである処暑は太陽の動きを基準にした太陽暦(太陽の季節点)で決めているからです。

*太陽暦とは?

時候のあいさつ

「時候のあいさつ」とは、季節を表すあいさつの言葉で手紙の書き出しにに使います。

【処暑のころ例文】8月下旬~9月上旬

  • 立秋とは名ばかりで暑い日々が続きますが
  • 処暑の候、まだまだ暑さは続いておりますが
  • 虫の声とともに秋の気配を感じる日々ですが

 

*残暑見舞いは8月中に届くように出してくださいね。
スポンサーリンク

二十四節気と七十二候

二十四節気とは一年を24に分け、七十二候はさらに細かく一年を72に分けて旬の草花や生き物など季節の移ろいを表現しています。

*二十四節気と七十二候

ここからは、立秋の七十二候(初候・次候・末候)を詳しくご紹介します。

 

スポンサーリンク

処暑【初候】第四十候

【新暦】8月23日~27日ころ

・綿柎開(わたのはなしべひらく)

(意味)綿の実を包むガクが開くころ

旬の句

ひさかたの 雨も降らぬか 蓮葉に たまれる水の 玉に似たる見む(万葉集)

【旬の花木】

綿花 7月~8月に開花してから約50日で実が熟し、その実がはじけて白い綿毛が現れます。この綿毛を繊維として衣類などに利用しています。

古代ギリシャ人は、綿毛の花を見たことがなかったため「羊毛が生える木がある」と本に書いています。

旬の果物

すだち 旬は8月~9月。酸味が強すぎず、さっぱりさわやかな味です。ビタミンCやクエン酸も豊富で、美容や疲労回復にも効果があります。

自家製ポン酢の作り方 

  1. すだちの果汁を絞って布でこす
  2. しょう油とすだち1:1で混ぜ合わせる
  3. お酢とみりんを少量加える

 

【旬の生き物】

赤トンボ 6月中旬~下旬にかけて水辺で羽化し、群れをなして山地や高原に移動。成虫して間もない頃は茶に近い橙色の体ですが、山で過ごすうちに赤色へと成熟していき8月下旬~9月上旬にかけて、平地に戻ってきます。

 

主な記念日

  • 8月23日 白虎隊自刃の日
  • 8月24日 ラグビーの日
  • 8月25日 川柳発祥の日
  • 8月26日 レインボーブリッジの日
  • 8月27日 『男はつらいよ』の日

 

スポンサーリンク

処暑【次候】第四十一候

新暦】8月28日~9月1日ころ

・天地始粛(てんちはじめてさむし)

(意味)ようやく暑さが収まるころ

旬のうた

朝顔は 朝露おいて 咲くといへど 夕影にこそ 咲きまさりけれ(万葉集)

旬の花木

あさがお ヒルガオ科サツマイモ属の植物です。種子は下剤として薬用になりますが、一般の人が作ることは非常に危険です。

江戸時代には朝顔ブームが起こり、珍しい品種は高額で取引されていました。一般市民にも広がり、それが東京・台東区の真源寺で行われる「入谷朝顔まつり」になっていきました。

旬の果実】

ぶどう 旬は8月~10月。甲州、巨峰、ピオーネ、デラウェアなどさまざまな品種があります。選ぶ時のコツは、軸がしっかりとして、実の表面に白い粉がふいているもの。

ブドウの甘みは吸収されやすく、すばやく疲れをとってくれる効果があります。

旬の兆し】

野分(のわき)野を分け草木を吹き分ける荒々しい風のこと。古い時代には台風のことを「野分」と呼んでいました。台風の吹き荒れるようすが『枕草子』に記され、『源氏物語』第二十八帖の巻名となりました。

 

主な記念日

  • 8月28日 民放テレビスタートの日
  • 8月29日 文化財保護法施行記念日
  • 8月30日 冒険家の日
  • 8月31日 野菜の日
  • 9月1日 防災の日

 

スポンサーリンク

処暑【末候】第四十二候

新暦】9月2日~6日ころ

・禾乃登(こくものすなわちみのる)

(意味)稲が実るころ

旬のうた

同じ野の 露にやつるる 藤袴 哀れはかけよ かことばかりも(源氏物語)

旬の花木】

藤袴(ふじばかま)秋の七草のひとつで『万葉集』や『源氏物語』にも登場しています。生草のままだと無香ですが、乾燥させると桜餅のようなほのかな香りがします。

環境の変化で数が減り続けているため、京都のテレビ局が「守ろう、藤袴プロジェクト」と題し、たくさんの藤袴を京都のあちこちに植える活動を行いました。

 

【旬の食材】

稲 稲はもともと中国の野生種で、日本に伝わってきたのは縄文時代です。稲は田植えから約100日目で穂が出て、すぐに花が咲きます。花が咲いている時間は午前中からお昼までの2時間~3時間の間で、自家受粉してお米となる種子を実らせます。 

ことわざで「実るほど頭を垂れる稲穂かな」ということばがあります。これは、実った米で重たくなった稲穂の様子を人間にたとえ、人格者ほど謙遜になる、という意味です。

 

旬の虫

まつむし スズムシと並んで、秋に鳴く代表的な虫で、チンチロリンと鳴く声が歌にもなっています。平安のころ、虫の声を楽しむ「虫選び」や、虫の鳴く声を競い合う「虫合わせ」などの遊びがありました。

 

主な記念日

  • 9月2日 宝くじの日
  • 9月3日 ホームラン記念日
  • 9月4日 関西国際空港開港記念日
  • 9月5日 国民栄誉賞の日
  • 9月6日 黒の日

関連記事

立春雨水啓蟄春分清明穀雨立夏小満芒種夏至小暑大暑立秋・ 処暑・白露秋分寒露霜降立冬小雪大雪冬至小寒大寒

スポンサーリンク

処暑とは? まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

処暑の意味や2022年の期間、二十四節気と処暑の七十二候、時候のあいさつについてご紹介しました。

秋の虫の声を聞きながら、暑かった夏の思い出に浸るのもいいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました