節分とは?2022年はいつ?豆まきのやり方・恵方巻と柊鰯も

スポンサーリンク
節分 年中行事

節分(せつぶん)とは?

節分は、季節の変わり目を指す言葉です。

この記事では、節分の意味と2022年はいつなのか、豆まきの意味とやり方、恵方巻や柊鰯についてご紹介します。

スポンサーリンク

節分とは?

節分は、季節の変わり目を指す言葉です。

実際の節分は、年4回(立春・立夏・立秋・立冬の前日)ありましたが、現在では立春の前日のみを指します。

2022年の節分はいつ?

  • 2022年の節分は2月3日(木)

節分の日付は、毎年同じわけではありませんが、今後100年ぐらいは2月2日か3日のどちらかになります。

国立天文台の観測によって立春の日が決まり、立春が動けば節分も変動します。

2022年以降の節分の日付

スポンサーリンク

節分に豆まきをする理由

節分に豆まきをする理由は、新年である立春を迎えるにあたって、邪気を払う力を持つとされる大豆をまき、災難や厄を払うためです。

豆まきをする時は、家のドアや窓を開けて「鬼は~外」と言い、閉めてから「福は~内」と言うのが正しいやり方です。

 

【豆まきのやり方】

  1. 豆をお供えしておく 豆まき開始までは神棚か高い場所にお供えしておく。
  2. 時間は夜 鬼は夜に訪れると考えられるためですが昼間でも大丈夫です。
  3. 奥の部屋からまいていく 窓やドアの外に向かって「鬼は外」と言ってまく。まいたらすぐ窓やドアを閉めて鬼が戻らないようにし、室内に向かって「福は内」とまく。これを玄関まで繰り返す。
  4. 自分の年齢と同じか、数え年(年齢+1)の豆を食べる。数え年の分だけ食べると健康になるといわれている。
  5. 残った豆は熱いお茶を注ぎ「福茶」として飲めば、食べたのと同じ効能があるといわれる。

*鬼払いの豆のいわれ 「魔の目(=まめ)を豆で射て魔滅(=まめつ)させる」

スポンサーリンク

恵方巻(えほうまき)

恵方巻とは太い海苔巻きのこと。これを節分の時に、その年の縁起のいい方角に向かって、黙って一本丸ごと食べると縁起がいいとされます。

由来は?

恵方巻の由来は、江戸時代末期の商人が商売繁盛のために行ったという説や、栃木県の神社が発祥という説もあり、どれも定かではありません。

一本丸ごと食べる理由は?

「切らない=縁を切らない」という意味。七福神にちなみ、七種の具材(かんぴょう、きゅうり、しいたけ、だし巻卵、穴子やうなぎ、えび、でんぷん、が入っています。

スポンサーリンク

柊鰯(ひいらぎいわし)

柊の小枝に、焼いた鰯の頭を刺した柊鰯(ひいらぎいわし)は、節分に玄関に飾って魔除けとして使われます。

昔から、臭い物や尖ったものは魔除けの効果があるといわれ、現在でも伊勢神宮で正月に売っている注連縄には、柊の小枝が刺してあります。

節分で使う柊鰯は、イワシの頭を焼いて臭いと煙で鬼を遠ざけ、さらに柊のトゲで鬼が近寄らないようにします。

役目を終えた柊鰯は、神社で焚き上げてもらったり、塩で清めてから紙に包んで処分します。

 

関連記事

立春雨水啓蟄春分清明穀雨立夏小満芒種夏至小暑大暑立秋・ 処暑白露秋分寒露霜降立冬小雪大雪冬至小寒大寒

スポンサーリンク

節分とは? まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

節分の意味と2022年の日にち、豆まきの意味とやり方、恵方巻や柊鰯についてご紹介しました。

歴史のある風習は、意味を知って後世にも伝えていきたいですね。

コメント

  1. […] *節分とは? […]

タイトルとURLをコピーしました