「親の介護」福祉用具レンタルを介護度別に解説!料金やメリットも!

スポンサーリンク
車いす 親の介護

毎日親の介護をしていると、膝や腰を痛めることがあります。

状態に合った福祉用具を利用すれば本人が自分でできることが増えるので、介護者も身体に負担をかけずに介護ができます。

この記事では、ケアマネジャーの立場から「親の介護」福祉用具レンタルを介護度別に解説!料金やメリットについてお伝えします。

スポンサーリンク

福祉用具レンタル

介護保険を使えば状態に合った福祉用具をレンタルすることができます。

レンタルできる福祉用具は全部で13種目あります。

福祉用具を使うことで状態の悪化を予防して、安全に在宅生活をおくることができ、介護者の負担も軽減することができます。

介護保険で福祉用具をレンタルする場合は介護の認定が必要です。

*介護保険の申請についてはこちらの記事を参考にして下さい。
→介護保険の申請とサービスの種類は?利用できる人やケアマネージャーも!

スポンサーリンク

介護度別に解説

介護保険でレンタルできる福祉用具は介護度によって違います。

全部で13種目ありますが、中には要支援や要介護1の方がレンタルできない物もあります。

では、介護度別に解説していきます。

・要支援1~要介護5

・要支援1~要介護5の認定があればレンタルできる福祉用具

介護認定を持っている全ての人がレンタルできるもの

手すり、歩行器、歩行補助杖(松葉杖・杖の先を4点で支える多点杖など)、スロープ(段差を解消するために置くもの)、自動排泄処理装置(排便機能がないもの)

要介護2~要介護5

・要介護2~要介護5の認定があればレンタルできる福祉用具。

要介護2以上の認定があると、レンタルできる福祉用具の種類が増えます。

車いす、車いす付属品(車いすのクッションやパッド、車いす用テーブルなど)特殊寝台(介護用ベッド)、特殊寝台付属品(ベッドに敷くマットレスや、手すり、サイドテーブルなど)、床ずれ防止用具(褥瘡を防止するマットレスなど)体位変換器(寝ている人の体位を変えたり支えたりする、専用のクッション)、認知症高齢者徘徊感知器(認知症の人が、外に出ようとしたら、センサーが鳴る)、移動用リフト(自分で移動できない人の身体を吊り上げて、移動させる)

*軽度者(要支援1・2と要介護1)でも、医師が必要と認めればレンタルすることができます。

レンタルを希望される場合はケアマネージャーに相談して下さい。

要介護4以上

・要介護4以上の認定があればレンタルできる福祉用具

自動排泄処理装置(排泄物を自動的に吸引して、分割する)

*自動排泄処理装置とは、ベッドで寝たままの状態で排泄する装置です。

排尿や排便をセンサーが感知して、自動で吸引、洗浄、乾燥を行います。

(対象介護度)

排尿のみ吸引の場合⇒要支援1~要介護5

排尿・排便を吸引の場合⇒要介護4・5

その他レンタルで注意すること

要支援1・2、要介護1の認定を持っている高齢者は、自分でできることも多くて比較的お元気な方が多いです。

レンタルをすすめる時は、プライドを傷つけないように慎重に行う必要があります。

本人の意思を尊重する

本人が自らレンタルを希望する場合は、歩行に対する不安がある場合が多いので、早急にレンタルが必要な場合もあります。

ふらつくことが多くなったり、実際に転んでしまった後なら動くことに自信をなくしています。

適切な福祉用具を利用することで状態が軽減して自信を取り戻し、頑張ろうという前向きな気持ちになれることもあります。

また、本人は希望していないのに、周りの判断だけで決めることはおすすめしません

本人は「福祉用具はまだ使いたくない、自分の力で歩きたい」

そう思っているかもしれません。

なので無理やりレンタルを開始することでプライドを傷つけて、意欲が低下する心配があります。

あくまでも本人の意思を尊重してレンタルを開始することが大切です。

・医師やリハビリの専門家に相談する。

福祉用具をレンタルする時は医師など専門家の意見を聞くことはとても大切です。

状態に合った福祉用具を選ぶことで、本人や介護者の負担を軽くして在宅で安心して暮らすことができます

しかし、相談せずに勝手な判断で福祉用具を選ぶと、状態が悪化してしまう危険があります。

また、福祉用具が必要ない状態なのにレンタルを開始してしまうと、福祉用具に依存して状態が悪くなることもあります。

福祉用具を選ぶ時は、必ず医師やリハビリの専門家に相談してから決めるようにしてください。

・定期的に点検をしてもらう

本人の状態に合っていない福祉用具は、安全に過ごすことができません。

故障している物を使い続けることは、とても危険なので定期的に点検してもらいましょう。

レンタルしている福祉用具の業者さんが定期的な点検をしてくれない場合は、ケアマネージャーに相談をして下さい。

場合によっては業者を変更することも検討して、福祉用具が安全に利用できるように支援してくれます。

・新商品が出たら試してみる

福祉用具は新しい物がどんどん開発されています。

使い勝手の良い物や若々しいデザインなど、気になる新商品があれば、ケアマネージャーやレンタルしている事業所に聞いてみて下さい。

長年同じものを使い続けていても、何も言わないようなお店でレンタルしている場合は、担当のケアマネージャーに相談してみることをおすすめします。

物にもよりますが、福祉用具はデザインが新しくなってもレンタル料が変わるわけではありません。

古いタイプを使っている場合は、新しい物に取り換えてもらうこともできます

デザインが変わると何となく気分よくなって、いつもより動いてみようと前向きな気持ちになることもありますよ。

現在使っている物が気に入っている場合は、しばらく様子をみてもいいですね。

スポンサーリンク

レンタル料金は?

福祉用具のレンタル料金は、いったい、いくらかかるのですか?

レンタル料金は、原則費用の1割ですが、所得の多い高齢者は2割~3割の場合もあります。

入院したらどうなるの?

福祉用具のレンタルは在宅で生活する場合に利用できるものなので、入院した場合は返却する必要があります。

また、レンタル中の用具が必要なくなった場合も、半月以内に返却すれば、レンタル料が半額になる場合があります。

返却の時期によっては1か月分の料金になることもあるので、その都度ケアマネージャーに相談して下さい。

スポンサーリンク

福祉用具レンタルのメリット

福祉用具にはレンタルと購入がありますが、ここではレンタルのメリットについてお伝えします。

介護保険で福祉用具をレンタルすると、故障したり、使いづらい、と思ったら、すぐに違う商品と交換してもらえる。費用の1割(所得に応じて2割や3割)で安くレンタルできる。

定期的に福祉用具の専門家がメンテナンスに来てくれる。

在宅で必要なものであれば、複数借りることができる(車いす+ベッド+手すりなど)

福祉用具は、故障したり身体に合わなくなることがよくあります。

レンタルですと状態に応じてすぐに交換することができます。

なのでレンタルできる福祉用具は、購入よりレンタルをおすすめします!

スポンサーリンク

介護保険のレンタルについてまとめ

介護保険でレンタルできる福祉用具について紹介しました。

実際に福祉用具のカタログを見ると、種類や機能の多さに驚きます。

カタログ本も、すごく分厚くて、素人では、まったく選ぶことができないくらいの量です。

福祉用具の申請や依頼は、ケアマネージャーに頼んで、実際に商品を選ぶときは、福祉用具の専門家に相談されると、状態に合った福祉用具を借りることができますよ。

*こちらの記事もおすすめです!

→介護保険の申請とサービスの種類は?利用できる人やケアマネージャーも!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました